ホームページは 相模原ヒート・ウェーブ で検索
お問い合わせ いずれかでお願いします書込みフォーム メッセージ
2画面メニュー 全画面メニュー リンク・メニュー 自作曲 (津山雄次)

津山雄次(ドラム)
自己紹介 フォト・ブログ 楽器機材 
自作曲(1〜60・譜面 自作曲2(61〜126・譜面) YOUTUBEリストと譜面リスト

自作曲(音源)空、僕の部屋行かないで、君の姿淋しがりや、何無、夜の星、踏み切りのある道、淋しい気持ち、俺は行く、馬鹿な私」

独り演奏(オリジナル曲では有りません)
 YOU TUBEサイト(津山雄次)

自 己 紹 介

自己紹介
津山雄次(ツヤマ ユウジ):昭和生まれ おうし座 A型 佐賀県大津市大鶴(多分)
特技:、曲作り・ギター(自称)、ドラム(特に)「でんでらりゅうば」を唄いながらの指打ち
趣味:音楽活動(福祉施設、コンサート、ライブ・ハウス、ダンス・パーティ、地域お祭りなどで演奏)
好きな食べ物:辛い物、海鮮類、肉類
嫌いな食べ物:人参
長所:頼まれ易く断れにくい、負けず嫌い(やや)
短所:後先考えずに言葉が出て後で後悔する(特に)
バンド履歴:プロ(5年)、ブランク(22年)、アマチュア(現在)

移転先(巡業含む):佐賀県大津市大鶴(生まれ)→佐賀県杵島郡大町町→佐賀県杵島郡北方町→佐賀県杵島郡江北町→
静岡県浜名市鷲津町→千葉県四街道市→東京都中央区日本橋→群馬県前橋市赤城山→静岡県清水市→神奈川県三浦市城ヶ島→
東京都江戸川区小岩→東京都大東区秋葉原→東京都江戸川区平井→東京都荒川区南千住→千葉県松戸市馬橋→東京都町田市小川町→
神奈川県横浜市川和町→東京都町田市成瀬→神奈川県相模原市中央区(現在)

 
脳内思考(あなたの脳内は?クリック)

私が・・これまで・・バンド・・活動して来た・・履歴です・・・振り返り見ると・・懐かしさを・・感じます・・。

酔っ払い状態でのヒドイ演奏です                  酔っ払い状態でのヒドイ演奏です                   酔っ払い状態でのヒドイ演奏です                  酔っ払い状態でのヒドイ演奏です                  酔っ払い状態でのヒドイ演奏です 
バンド歴:年代不順(記憶も少々あいまいですが・・・)  *印象に残った歌手、曲は流行曲とは限りません(クリックでYOUTUBが観れます)

バンドも幾度も変わったので記憶がなく覚えてませんのでバンド名は書けませんでした。
それから、もしかしたらバンドもそうですが店も内容など間違って掲載してるかも知れません?
特に期間が短いバンドや店はかなり記憶が薄いです・・・。
何となく印象に残ってる箇所箇所を掲載してますが・・・間違っていたらすみません。  ご存知の方は連絡下さい。
場所

期間
出演店 バンド名
メンバー
編成
独り言   印象に残った
歌手、
曲(YOUTUB)
神奈川県
城ヶ島


1年半
城ヶ島


城ヶ島温泉ホテル
鈴木トリオ

3名
トリオ
まかないさんや板前さんお世話になりました
ホテルの周りが岩場の海だったので魚釣や夏は泳いだりして遊びました。
岩場が目の前に見える部屋の住込みでした。
おかげで景色が良い大浴場に毎日入る事が出来ました。
また、同じ住み込みの、まかないさんや板前さんと仲良くなり、
一緒に飲んだり食べたりして楽しかったです。

天地真理
水色の恋
群馬県
赤城山


3ケ月
キャバレー


不明
不明

4名
カルテット
初めて聴いた米軍基地向けのラジオ放送
キャバレーの2階が住込み部屋で、一人の先輩はラジオで米軍基地向けの
放送で音楽を良く聴いてましたので、それから私も聴くようになり
ジャズやポップスなど勉強になりました。

CCR
プラウド・メアリー
静岡県
沼津

1ケ月
キャバレー


不明
不明

5名
コンボ
ジャズ喫茶は独特なムードが有りました
ビルの1階がパチンコで2階がキャバレーでした。経営者は朝鮮人です。
それはこういった店舗の形態とか、バンド・チェンジが「アリラン」の曲は
朝鮮系の店だと言ってました。3階が住込の部屋が有りホテルのようでした。
音楽事務所は別ですが女性ボーカルの方が一人居ました。
彼女はバンド用語をよく使ってました。
休日は皆で近くのジャズ喫茶に良く出掛けました。

ソニー・ロリンズ
アルフィー
東京都
亀戸


1年
キャバレー


大平原
エコーズ

4名
ボーカルバンド
女性バンドがショータイムに来ましたがドラムの方が凄く格好良く見えました。
バンマスがハワイアン系の方でスチール・ギター&ボーカルでした。
ハワイアン系の曲が多かったです。
夏のショー・タイムで講談師の一龍斎貞水が来て怪談話の途中に
店内を暗くしスタッフが幽霊服装で店内を怖がらせ歩いてました。

フランキーレイン
ローハイド
東京都
浅草


1年
クラブ


シャドゥー
茂呂&不明

5名
ボーカルバンド
楽しみは、おにぎり時間。私は鮭のおにぎりが好きでしたが・・・
コーラス・バンドでメイン・ボーカルはアコステック・ギターの方ですが
バンマスも含め3人が歌います。
キーボード&ヴィブラホンの方が居て演奏の幅も広く
色んなジャンルの演奏をしてました。店は薄暗くしっくりと落ち着いた店内でした。
毎日、順番で、おにぎりを店の前の居酒屋に買いに行き休憩時間に食べてました。

ナットキングコール
ルート66
東京都
浅草


3ケ月
ホストクラブ


バイカウント
バンド×4回

5名
ボーカルバンド
バンドマンなら誰でも知ってる浅草のホストクラブでした。
他バンドでも演奏した店です。ショー・タイムでは映画もします。
深夜11時過ぎると法令上、音を出してはいけないので警察が来る時は連絡が
入りますが、一度だけ演奏中に警察が来て慌ててテーブルに付き客を装いました。

沢ひろし
愛のふれあい

東京都
浅草


6ケ月
クラブ


松竹
藤井&不明

6名
ボーカルバンド
バンド衣装に、あずき色のスリーピースが有り、一番気に入ってました。
クラブにしては店内は明るく、どちらかと言えばキャバレーのようでした。
和風的な店で着物を着たオカマが一人居ました。
バンドはキーボードとリードギターが兄弟で
コンガを叩く細い男性ヴォーカルが居て同世代のメンバーした。
当時流行のソウル・ミュージックなども演奏してました。

ちあきなおみ
喝采
東京都
浅草


1ケ月
クラブ


国際
藤井&不明

6名
ボーカルバンド
地下鉄の田原町駅の階段は風吹きが強くて上がる時は寒かった覚えが有ります。
記憶もあいまいでクラブと書きましたがキャバレーだったかも知れません?
店は田原町?寄りに有り県道沿いの通りに在りました。
田原町駅?からが近かったです。
ステージはせり上がって高く当時は大体がこんな感じが多かったです。
店内は広かったです。

ペドロ&カプリシャ

別れの朝
神奈川県
本牧


1ケ月
ホストクラブ


不明
藤井&不明

6名
ボーカルバンド
サラリーマンだと軽く見ない方が良い事を知りました。
あちら系風の客が4〜5人居て、その中の一人男が
演奏中にしつこく口煩く言ってると
スーツを着た一見サラリーマン風の男性が、その男を怒って呼び返してました。
対バンドの「シスコ・キッド」の演奏が格好良く見えてました。

野村真樹(将希 )
一度だけなら
東京都
新小岩


1ケ月
ホストクラブ


不明
バンド×3回

5名
ボーカルバンド
コーラス・バンドではブランド的な吉本のエコー・チェンバー(PA的機材)
鉄道沿いに在り薄暗い店内です。大体ホスト・クラブはこんな感じでしたが、
対バンドは吉本のエコー・チェンバーでした。
こちらのエルクよりもう少し澄んだ音です。
コーラス・バンドで知る人は、みんな欲しがってました。
深夜演奏は違法なので演奏してるのが見つかり警察に捕まったバンマスも居ました。

里見洋と一番星
新盛場ブルース
東京都
鶯谷


1ケ月
キャバレー


杯一
藤井&不明

6名
ボーカルバンド
間寛平のパチンコの歌詞は「開け開けパッと開け」の箇所だけしか分かりません。
鶯谷駅から5分ほどです。上野駅方面を向くと左側の線路沿いに在り駅から見えます。
店内の様子も忘れて記憶に全く有りません。
もしかしたら1ケ月では無くて1〜2日かも知れません?
バンド事のトラ(ヘルプ)として行ったのかも知れません。
間寛平のパチンコの歌が良くパチンコ店から流れてました。

斉条史朗
夜の銀狐
東京都
王子


2ケ月
キャバレー


不明
不明

4名
ボーカルバンド
王子駅の近くの「王子製紙」の看板が印象的でした。
リーダーの方はボーカル&リード・ギターで曲によっては時々キーボードも弾きます。
メンバーは同年代でどちらかと言うとポップス系でした。
店内はキャバレーにしては薄暗かった様な記憶が有ります。
もしかしたらクラブかな〜・・・ここは1バンドだけでした。


ホットブラッド
ソウルドラキュラ
東京都
神田


1ケ月
キャバレー


杯一
不明

5名
コンボ
弾けないベースの立ちん坊のトラ(ヘルプ)で行ったのは・・・
ベースのヘルプで立ちん坊です。
この時は音楽事務所を辞めて居ましたが、どんな経路でまた
何故弾けない私に連絡が来たのかと言うと知人のベースの方が
行けなくなり立ちん坊でも良い条件で行きました。
ウッド・ベースでしたので適当にそれらしく弾いてましたが
ショー・タイムでソロが無くて良かったです。ハハハ・・・

マイルスデイビス
ソーホワット
千葉県
千葉市


2日
キャバレー


杯一
不明

5名
コンボ
兄(行方不明)もドラムが好きでジアーズと書いてあるドラムを持ってました
この時も立ちん坊です。上記の神田の店の出演バンドのベースのヘルプでしたので、
千葉はバンド事のトラ(ヘルプ)でしたのでそうなります。
兄が観に来てくれた事を覚えています。
ドラムを叩いていたら良かったのですが・・・・残念

ペレスプラード
マンボNO5
東京都
錦糸町


3ケ月
キャバレー


ブロードウェー
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
対バンドのドラムの方が薬でラリってたので代わりに私が叩いた事も有りました。
もしかしたら2ケ月かも知れません?
この店の店長は異常に厳しく突っ張った感じでした
意味も無く怒り出した点呼時にチョットでも音を出すとステージに灰皿を投げる程、
性格が悪いイヤな男でした。
バンド控室の隣がホステスの控室で、お客の事でホステスが、こじり合ってました。

ハービーマン
メンフィスアンダーグラウンド
東京都
神田


3ケ月
キャバレー


ブロードウェー
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
ビジネス街だったので日曜日は店も定休だったので、それが良かっただけです
店内はホスト・クラブみたいに狭く、また「バンドは要らないのじゃないの」と
思うほど品がない俗に言う風俗店のようでした。でも私達も仕事ですから時間までは
キチント演奏して帰らなければいけません。ここは1バンドだけでした。

梓みちよ
メランコリー

東京都
巣鴨


1年
クラブ


ファイブスター
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
屋台でラーメンを食べてると、あちら系の兄弟分同士が喧嘩をしてました
巣鴨駅から店が見えます。クラブだったかな〜?
店内はそこそこ広くて漫才のWけんじ、演歌の大川栄策、
田端義夫などのビッグ・ショーも月2回程は有りました。
休憩時は良く屋上に行き独りでぼんやりと夜空を見てました。
巣鴨通りも良く行きました。

勝彩也
恋あざみ
神奈川県
横浜


1ケ月
ホストクラブ


不明
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
ギターの方が持っていたビデオ・デッキは羨ましいかったです。
この頃はビデオ・デッキが出始めた頃でテープ1本が2〜3千円する程高価な物でした。
ギターの方が持っていて何を予約録画して見れたとか言っては自慢をしてました。
それからギターの方は車で来て居たので駐車禁止違反にならないようにと
休憩時間の毎に少しづつ動かしに外に出てました。

ハービーハンコック
カメレオン
東京都
小岩


1日
ホストクラブ


不明
バンド×3回

5名
ボーカルバンド
バンドごとのトラ(ヘルプ)で行った時の話です。
この時はバンドに不満が有り辞めようかと考えていた時で
普段は黒いミラー・サングラスを掛けてもステージでは外しているのですが、
愛想もなくステージでも掛けてました。
メンバーは、やりにくかったのではと今更ながら反省してます。

ハニーナイツ
ふりむかないで
東京都
北千住


6ケ月
キャバレー


ハリウッド
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
ご存知キャバレーの神様「福富太郎」の店です。
5階建のビルで1階は事務所とホステスさんの控え室になってました。
店内は2階と3階を1つにした造りでした。
3階の客席は吹き抜けの為に3分の1ほどでした。
4階はバンド控室と厨房が有りました。
ステージは高くステージと後ろの壁までの間が広く空いていて噴水がありました。
高度恐怖症なので慣れるまでは怖かです。

布施明
積木の部屋
東京都
新宿


4ケ月
キャバレー


ハリウッド
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
ホステスのゴーゴーダンスタイムにはディプ・パープルの曲を良く演奏してました。
ここもハリウッドのチェーン店です。チェーン店ではハリウッドが一番多く、
2番目がブロウド・ウェーだと思います。
ここも店内の内装は北千住店とほとんど同じ造りでした。
この店が初めての新宿での仕事でした。
従兄妹にバンド演奏やショーを観せてあげました。

都はるみ
北の宿から

東京都
新宿


6ケ月
クラブ


不夜城
広瀬&不明

5名
ボーカルバンド
小柄でいながら力強い歌い方をしてた女性ボーカル・・・
ツタでいっぱい、からまっている建物で店内は地下1階に有ります。
雰囲気は上品なクラブに見えました。この時のバンドは写真掲載してますが、
ベースの彼とボーカル&キーボードの彼女と夫婦です。
ハスキーな声で演歌も上手かったです。
八代亜紀や内藤やす子の歌が良く合ってました。

小柳ルミ子
星の砂

東京都
新宿


3ケ月
ホストクラブ


不明
広瀬&不明

5名
ボーカルバンド
敏いとうの性格は評判通り凄く悪かったです。
ご存知「星降る街角」を歌ったハッピ&ブルーのリーダー(敏いとう)の店です。
ハッピ&ブルーのショー・タイム時に新人のホストがお客と踊っていたらしく
ショーが終えた後に控室にホストが呼ばれ、
敏いとうからショー・タイムに踊るとは何だかんだと云われ殴られていました。
この時に、敏いとうの性格は評判通り凄く悪く感じました。

敏いとうとハッピー&ブルー
わたし祈ってます
東京都
新宿


1ケ月
レストラン


スカーレット
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
寺内タケシが来た時はバンド・ボーイをしてた頃が在るので気まずく感じました。
不夜城正面から左手横並び2〜3軒先に在りました。
ビッグなエンタティナーのショーが良くあり、記憶にあるのが
ジャズ・ドラマーのジョージ川口と寺内タケシと3期のブルー・ジーンズですが
寺内タケシが来た時は気まずく感じて目を合わせる事が
出来ず隠れたようにショーを観てました。

クールアンドザギャング
ジャングルブギー
東京都
新宿


1ケ月
ホストクラブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
インフルエンザとは知らずに熱があってもステージに上がってました
ギャランティのバンド所属の時です。インフルエンザに掛かり熱があっての
ステージをした事を忘れません。また鹿内タカシのショーのバック演奏をした時に
私はテンポで凄い勘違いをして恥ずかしい思いをした事を今も忘れません。

鹿内孝
本牧メルヘン
東京都
赤羽


1ケ月
ホストクラブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド

不二家ネクターのミックス・ジュースに、はまり休憩時は必ず飲みました。
この店で初めてギャランティを知りました。
この時、私はドラムのトラ(ヘルプ)でキーボードは、まだ前のメンバーの方でした。
店長は一見田舎の、おっさん顔して居ましたが
とても人柄がよく見えて面白い方でした。
不二家ネクターのミックス・ジュースを勧められ飲みはまり休憩時は必ず飲みました。

クック・ニック&チャッキー
可愛い人よ
東京都
六本木


2ケ月
ホストクラブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
楽屋裏に色々な手品の小道具が置いて有ってギロチンでよく遊んでました
タレントのはかま満緒がオーナーの店です。
楽屋裏に色々な手品の小道具が置いてありました。
料理長は中華の料理人かは分かりませんが
バンドの深夜食は毎日のように中華料理が主でした。
あちら系の親分?(S組みだと聞きました)のお客さんから
3万円のチップを戴き、帰りに寿司まで、ご馳走になりました。

ディープパープル
ブラック・ナイト
東京都
新宿


3ケ月
クラブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
凄く低姿勢な言葉と態度の和田アキ子に感心しました
コマ劇場入口の目の前のビルの4階に在った大きな店です。
エレベータがお客さん用とスタッフ用に別れてました。
ビッグ・ショーもよく有りました。
いつだったかステージの裏で一人で練習をしてると
「御手洗は何処に有りますか?」と訊ねられ見上げると和田アキ子でした。
凄く低姿勢な言葉と態度に驚き感心しました。

浅野ゆう子
セクシーバス・ストップ
東京都
新宿


2ケ月
レストランパブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
由美かおるのショータイムで性格を知りガッカリしました
コマ劇場から3〜4分歩いた所のスタッセ・ビルの5階に在る店です。
ここもよくビッグ・ショーが有りました。
由美かおるショータイムに出演したときの事ですが歌ってる最中にマイクが
壊れて音声が途絶えたので怒ったのか、一度ステージから降りました。
暫くしてステージへ顔を出しましたが私は以前は
ファンでしたので性格を見たようで凄くガッカリしました。

テレサ・テン
空港
東京都
渋谷


1ケ月
キャバレー


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
何度も演奏中にフラ〜と倒れそうなりました。
店内は薄暗くホステスの顔がステージへの照明で良く見えませんでした。
この時は毎日深夜はホスト・クラブの仕事もしていたので疲れのせいなのか何度も
演奏中にフラ〜と目まいで倒れそうなった事もあります。
演歌で川中美幸の「ふたり酒」が印象深く覚えています。
東京都
池袋


1ケ月
ホストクラブ


不明
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
バンド・メンバーのベースの方が偶然エキストラで出演した「ゴジラ」の映画
店内はホスト・クラブらしく薄暗く狭かったです。
店長より専務の方が記憶に残っています。
結構面白い専務でメンバーから「なんも専務」と親しまれていました。
武田鉄矢が出演してた「ゴジラ」の映画を公開していた頃で店でも話題になってました。

荒井由実(松任谷)
あの日にかえりたい
東京都
亀有


2ケ月
キャバレー


不明
佐藤&ファイブ

5名
ボーカルバンド
漫画の本の「こちらから亀有駅派出所」の両津警察物語の人気が出始めた頃です
ブロードウェイか?ハリウッドの系列だったかな?
店内は明るくキャバレーにしては狭かったです。
優しく上品で綺麗なホステスの方が雨の降った帰り傘に入れて貰い駅まで行きました。
「ロマンス」がヒットしていた頃で店内でも開店前やバンドの休憩時に
よく掛かってました。

岩崎宏美
ロマンス

東京都
新宿


2ケ月
クラブ


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
フィリッピン・バンドの住み込み寮生活はタコ部屋のようだとの噂でした
この店も同じくスタッセ・ビルの階内に在り、
対バンドがフィリッピン・バンドでした。
彼らはフィリッピン民謡の「ダヒルサヨ」を演奏で、よくチェンジしてました。
リズム感が良かったです。
その当時流行っていたソウル・ミュージックが凄く上手かったです。

ヴァン・マッコイ
ハッスル.

東京都
水道橋


1日
後楽園遊園地


野外ステージ
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
この日は昼・夜・深夜と3本の仕事をした事を覚えています。
後楽園は日曜日の昼間だったと思います。
演奏の間にデビュー間もない17歳くらい?の女の子(名前は覚えてません)の
アイドルのバック演奏もする事になってました。
その後、売れたかどうかは覚えてません。ステージ終了後はプールで泳ぎました。

森田公一とトップギャラン
青春時代
東京都
新宿


1ケ月
ホストクラブ


不明
広瀬&不明

5名
ボーカルバンド
「カスマプゲ」の歌で初めて聞いたハングル語の印象は・・・
ホスト・クラブにしては珍しくステージが明るく高くてホールも広かったです。
「カスマプゲ」を歌った女性歌手(名前はみどりマコ?・・・声が太くハスキー)が
お客で来てこの曲を歌った時「変な言葉だな〜」(ハングル語)と
印象が有ったので覚えています。

あおい輝彦
あなただけを

東京都
渋谷

1日
ダンスホール


スターダスト
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
初めて素人(一般)の方のタンゴを見た時に笑いそうになり困りました。
1〜2回バンドごとのトラ(ヘルプ)でした。高いステージでホールは広かったです。
この時は社交ダンスのための演奏でした。
社交ダンスはキャバレーでもホステスとお客さんがしてますが、
殆どがジルバとチークなのでタンゴを踊ってるのを見た記憶が
無くショータイムでは見たかもしれませんが・・・
初めて素人(一般)の方のタンゴを見た時に笑いそうになり困りました。

ウォー
シスコキッド
東京都
南砂町?


1日
キャバレー


不明
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
ギャランティーのメンバーとして初めてのショー・タイムの出演・・・
店内はキャバレーにしては狭かったです。ギャランティーのメンバーとして
初めてのショー・タイムの出演で行きましたが箱とは違って緊張しました。
メンバー紹介などは箱では、しないので照れくさかったです。
今の趣味の社会人バンドではライブに毎回紹介されているのですが・・・

五木ひろし
夜空
東京都
原宿?


1日
キャバレー


不明
広瀬&不明

5名
ボーカルバンド
私がコーラスを入れてる写真で女性キーボードの方はボーカルでも有ります。
バンド事のトラ(ヘルプ)でした。写真に掲載してる店です。
店内は狭かったような気がします。
でも2階まで客席が有ったので奥行があったのかもしれません良く覚えてませんが?
2階から、このグループの元メンバーのドラムの方が見学に来てたのを覚えています。
ドラムの方は、この頃はこの店の箱バンドで出演してました。

キャンディーズ
ハートのエースが出てこない

東京都
小岩


1ケ月
ホストクラブ


不明
バンド×3回

5名
ボーカルバンド
新夜食は2ステージが終わると出ます。2時頃かな?どの店でも大体そうです。
ハッピーエンドブルーの曲がヒットしていた頃で、
ほとんどの対バンドのコーラスバンドも
数曲はレパートリに入れてました。
お互い演奏が被らないようにしますが、やったもんが勝ちです。
先に歌われたら次のステージでは曲変更をします。
互いレパートリが多いので問題は無いですね。

内山田洋とクールファイブ
中の島ブルース
東京都
不明


1日
日立会社


グランド内
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
日立会社内の広場で開催された「日立ふれあいフェステバル」です。
会場はステージも観客の長椅子もセメントで造られていた扇形の野外ステージでした。
控室はステージの裏側にありました。観客は子供連れの家族が多かったです。
送迎バスが出るほどの大賑わいでした。

サンタナ
ブラック・マジックウーマン
東京都
赤坂


1日
ホテル


オークラ
ギャランティ

5名
ボーカルバンド
ライオンズ・クラブのメンバーの返事は「ガオー」と叫びます・・・
この時は「ライオンズ・クラブ友好会」の招待での演奏です。
一段ほど高いステージでした。
多分、この日の為に設けられた特設ステージだと思います。
落語家の方も出演されてました。ライオンズ・クラブの方は家族連ればかりでした。
面白かったのはクラブのメンバーの方が名前を呼ばれてましたが、
返事をする際に「ガォー」とライオンのように言ってました。
決まりの返事か知りませんが可笑しくて笑いを堪えてました。

グラシェラ・スサーナ
サバの女王
                                                                        
私と音楽との関わり

現在は無い78回転のSPレコード

私が幼児時の音楽の記憶はありませんが、幼稚園時にラジオから「かわいい魚屋さん」が流れていたのを覚えています。
小学生になると父も音楽好きでしたので良く一緒にレコードを聴いてました。
家には78回転のSPレコードにも対応してるレコーダー(蓄音機)も持ってましたので時々、菅原都々子の「月がとっても青いから」
三橋美智也の「古城」、東海林太郎「国境の町」なども聴いてたのを覚えています。
テレビ主題曲を歌うようになり、「解決ハリマオ」、「月光仮面」、「鉄人28号」、「エイトマン」などをよく歌ってました。
歌謡曲では城卓矢の「骨まで愛して」を意味が良く分からずも歌ってた事を覚えています。

ドーナツ盤シングルレコード:
私が始めて買ったレコードはA面は石川進、B面は曽我町子が歌ってたアニメの「オバケのQ太郎」です。
中学生になると加山雄三の「エレキの若大将」の映画が大人気で、その時の挿入歌の「夜空の星」や「君といつまでも」が
レコード売上のベスト3に入る程の大人気でした。私も加山雄三のファンになりブロマイドも集めました。
兄もやはり音楽好きで聴いたり楽器をやるのが好きでした。楽器は私と同じドラムが好きでした。

赤盤のシングルレコード:
兄が時々、友達からドーナツ盤レコードとポータブル・レコーダーを借りて来た時は一緒に聴いてました。
グループ・サウンズやベンチャーズのレコードが多く記憶に有るのがワイルドワンズの「想い出の渚」と
ベンチャーズの赤盤レコードのA面は「君といつまでも」、B面は「夜空の星」のレコードです。
赤盤レコードとは赤色したレコード盤で今も印象的ですね・・・

朝日のソノラマ・シート:
レコード購入は子供の小遣いでは高いのでソノ・シート(薄いセルロイド性で片面盤)を買ってました。購入は今で言う通販です。
マガジンやサンデーなどのまんが本に購入ページが有り曲のタイトルが掲載して有ります。
買いたい曲名を書いた紙と購入したい金額分の切手を封筒に入れ郵便で送ります。
買ったので覚えているのはTVアニメの「風のフジ丸」、ベンチャーズ曲などですが、歌手や演奏者は本人では無くて、
多分無名の歌手やコピーバンドだと思います。それでもその曲が聴けるので嬉しかったです。
この頃からエレキ・サウンドのブームが起こり始め来てました。

ベンチャーズと寺内タケシとブルージーンズ
中学生になるとエレキ演奏と言えばベチャーズがダントツの人気でした。口真似で「テケテケ」と言って流行する程でした。
ビートルズも人気がありました。ベンチャーズ派かビートルズ派かに分かれてましたが私はベンチャーズが好きでした。
邦楽では寺内タケシとブルー・ジーンズ(初期のブルー・ジーンズ)加瀬邦彦(後のワイルド・ワンズのリーダー)が
メンバーに居た頃です。「雨の思い出」を作曲者でも有り、今も弾き継がれています。
解散をしてバニーズとバンド名が変り黒沢ひろし(黒沢年男の弟)が
メンバーに加わりました。

グループ・サウンズ全盛期:
またグループ・サウンズと言う日本独特のボーカル・グループが流行しました。
タイガース、テンプターズ、スパイダース、ジャッキー吉川とブルーコメット、ゴールデン・カップス、オックス、ジャガーズ、
カーナビーツ、モップス、ヴィレッジ・シンガーズ等々きりがない程に沢山のグループが活躍してました。

モンキーズがテレビ放映:
この頃、洋楽ではモンキーズが現れ彼らはテレビのコメディ・ドラマ番組から生まれたグループで演技するバンドで大人気となりました。
モンキーズはビートルズの第二期が来る、その前の間にテレビ番組から急激に人気が出たバンドです。
またウォーカ・ブラザーズと言う3兄弟のグループが出ましたが2〜3曲で姿を消しました。
独特の歌とサウンドのローリング・ストーンズは相変わらずの不動人気でした。

ベンチャーズは凄い:
エレキとテケテケのイメージから思い浮かべるのはなんと言ってもベンチャーズでしょう。当時の男子で一番の憧れはベンチャーズでした。
その頃の若者(当時の私から見ると年上の兄ちゃんですが・・)の殆どの社会人バンドはベンチャーズ・コピーバンドでした。
中にはグループ・サウンズのコピーバンドも居ましたがベンチャーズ・コピーバンドの方が圧倒的に多かったです。
学校帰りにベンチャーズの練習してると寄って見物してました。初めて生演奏を聴いた時は凄いなと音に圧倒され感動しました。
楽器を見てまた本物だと2度感動しました。

初めて手にしたエレキ・ギター:
ある時に同じ組の友達からエレキ・ギターを貯めた小遣い1000円で譲り受けました。
メーカは無名で細いアームがついてたモズライトの形をした安物です。でも嬉しかったです。
私は炭鉱の町の一軒家社宅に住んでましたが彼は農家に住んでいました。農家の家は金持ちだなと思いました。
そう、思ったのは彼の家や農家に住んでる友達の家に遊びに行くと電話が必ず置いて有るのにビックリしました。
私が住む炭鉱の町では地区の公民館に1つ有るだけでした。

ラジオに繋いでアンプ替り:
エレキ・ギターはアンプが無いのでラジオに繋いで音を出してました。
この頃はICラジオと言うのも有りましたが、家に有ったラジオは当時でも古い形をした真空管ラジオですが、
出力が大きくマイク入力端子が付いているラジオでしたのでアンプ替りに使用してました。

学校帰りの寄り道は同窓生の家:
どちらかと言うとエレキギターよりはドラムが好きでした。学校帰りに友達数名とよく同窓生の家に寄り道をしてました。
この同窓生の家には兄さんのドラムと言ってましたがドラム・セットが置いて有りました。
エレキギターも置いて有ったのでギターを弾ける友達とベンチャーズやグループ・サウンズの曲を演奏して遊んで帰ってました。
当時、楽器は高くて中々買えないほどの憧れの存在で中学生の私では手も出せないほど高価な物でした。
誰かベンチャーズを弾けたらベンチャーズを、グループ・サウンズを弾けたらグループ・サウンズの演奏を真似して帰りました。
家ではレコードを流して、それに合わして座布団やダンボールや鍋のフタなどを叩いてドラムの真似事をして満足してました。

高校生時代:
中学を卒業すると先輩を頼っての新居高校(静岡県浜名郡湖西市新居町)に入学しました。家庭の都合で全日制から定時制に移り、
住まいも隣町の鷲津町に在る会社の寮に入りました。
寮には会社の先輩のドラムセットが置いて有りました。嬉しく休日にはレコードを掛けて、それに合わせてドラマーになりきって叩いてました。
この頃はサイケデリックやR&Bの音楽が流行していてファッションではヒッピ族やピーコック族が流行ってました。
でも卒業頃にはロックと言うジャンルが出てサイケデリックやR&Bが流行が無くなりました。
ベンチャーズではノーキ・エドワーズが脱退して現在のジェリー・マギーに替り「京都の恋」が大ヒットでした。
ロックではシカゴの「長い夜」、レッドツェペリンの「移民の歌」などが大ヒットしてました。

ウッド・ストック:
ウッド・ストックのと言う歴史的な音楽祭が開催されました。
映像を観てカルチャ・ショックを受けるほど衝撃的な音楽祭でした。
多才奇才のバンドが数多く出演してました。中でもグランド・ファンク、ジミー・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリンが印象的でした。
ベンチャーズは第一期に「二人の銀座」を出し(和製は和泉雅子と山内賢のデュエットで歌ってました。)
第二期は「京都の恋」を出して渚ゆう子が歌ったレコード共に「二人の銀座」同様に大ヒットしました。
ビートルズの第二期は「ヘイジュード」「レット・イット・ビー」などが大ヒットしてました。とは逆にモンキーズは消えて行きました。

グループ・サウンズに終止符:
日本ではグループ・サウンズが解散などで消え始めました。
解散したタイガーズ、テンプターズ、スパイダーズのグループ数名でピッグと言うバンドを結成しましたが2〜3曲で解散しました。
時代の波に流れるようにグループ・サウンズは段々と消えて行きました。

怒涛の歌謡界:
歌謡曲では黛ジュンの「雲にのりたい」や「夕月」がヒットしてました
演歌では藤圭子(今の宇多田ヒカルの母)の「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットして流星の如く現れ大スターになりました。
後にクール・ファイブの前川清と藤圭子は結婚・離婚しましが二人の間に子供は居ませんでしたけどね・・・(余談)

寺内タケシ&バニーズ:
寺内タケシはと言うとバニーズも解散して2期のブルー・ジーンズを結成して活動してました。
メンバーはジャズ系のように思えるほどサウンドがジャズ風にアレンジされてました。
これまで歴代のブルー・ジーンズの中では一番上手かと思ってます。
寺内タケシのグループで一番人気が有ったのは歌もヒットしていたバニーズだと思います。この時が一番絶頂期でしたね。
私もどちらかと言うとバニーズが好きでした。

シャープ・ファイブ:
ドラムの井上宗孝がリーダのシャープ・ファイブの事を忘れてました。私が好きなバンドの中の1つです。
グループ・サウンズの全盛期ではシャープ・ホークスのバック・バンドの存在で居ましたが、シャープ・ホークス解散後は
インストロ・メンツを演奏をするようになりました。民謡を始め色んなジャンルを演奏する寺内タケシと同系です。
ギターの音色が澄んでいてリード・ギターの三根信宏(デック・ミネが叔父)は
当時の寺内タケシのピックをはじくようなエレキ節とは違って優しい弾き方をしてました。

家出の訳は:
私は新居高校定時制卒業後、会社も辞めて静岡から千葉に行きました。九州の炭鉱が閉山となり家族が佐賀から千葉に引越したからです。
実家に帰り何ケ月か近辺の会社に就職してましたが、バンドマンになりたくて、ある時に家出をしました。
行く宛ても無く銀座に行くと日劇(当時、在った建物)でウエスタン・カーニバル(コンサート名)が開催されていました。
これがグループ・サウンズ最後のライブとなりました。

萩原健一と沢田研二から挨拶されて
私は劇場裏から守衛さんに「バンドのスタッフです」と嘘を話して入りました。
モップスの楽屋へ向かう途中に萩原健一と沢田研二に出くわしました。その時に「お疲れ様でした」と先に挨拶されビックリしました。
彼らもピッグ(グループ名)のステージを終えて楽屋へ向かう途中でした。

モップスの楽屋:
私はサウンド的にはモップスが好きでしたのでモップスのバンドボーイ(坊や)になりたくて楽屋へ入りました。
この時に鈴木ヒロミツからマネージャーが来るまでスネアドラムの皮を変えてくれて頼まれました。
変えた後で今度は、ステージの縁の下まで持って行ってくれと言われました。初めて見た縁の下は他バンドの楽器などで満載でした
バンド・ボーイ(坊や)は「通いでなければ駄目だよ」とマネージャから言われて断念しました。
また宛てなく銀座を歩いてる時に湯原昌幸の「雨のバラード」が耳に残り今も印象的です。

寺内タケシとの出会い:
その日、東神奈川駅で降り電話ボックに入り電話帳で寺内企画事務所を調べ電話しました。すると寮が有ると言うので喜んで行きました。
事務所は関内町のビルの2階に在り、中に入ると色々な賞状や記念品が所狭しと置いて有りました。
事務所の方が電話で私の事を話してるようでした。「社長」と言ってたので電話相手は寺内タケシ(社長)だと思います。
バンド・ボーイの採用を得て中で待っていると「社長が帰って来た」と言われ一緒に表道路に迎いに出ました。
そこには「寺内タケシとブルージーンズ」と書いてあるバスが止まってました。テレビやレコード・ジャケットで見るバスです。
この期のブルー・ジーンズは第三期となります。「明日へ出発」の歌を出しましたが売れませんでした。

寺内タケシと対面:
バスに乗ると寺内タケシ(社長)とメンバーや先輩のバンド・ボーイが乗って居て凄く緊張しながら挨拶をしました。
社長から「生まれは何処だ」と聞かれ「佐賀県です」と答えると「今度、佐賀でコンサートが有る時は叩かせて上げるからな」と
言われたのを覚えています。社長の自宅近くにバスは止まり私は社長からバッグを持たされ自宅まで着いて行きました。
玄関には奥さんと男のお子さん(後にメンバーで歌い、また問題も起こしました)が出迎えました。
寮は根岸町の丘の上辺りに在りました。玄関に入ると数名の居残りバンド・ボーイと売れない若手歌手一人が出迎えました。

バンド・ボーイも断念
この歌手は「愛のきずな」を歌った阿部律子と同期生らしくで彼女の名前を出して時々、私に愚痴をこぼしてました。
この日は外国ツアーからの帰国の日のようでした。
外国はベテランのバンド・ボーイ先輩が数名ついて行くだけであとは居残りだそうです。この日に実家へ電話を入れました。
この日と言っても家出した、その日ですが・・・(-_-;)
先輩達に尋ねると3年や5年間バンドボーイをしてると聞いて「長すぎると」考え1ケ月ほどで寺内事務所を辞める事にしました。

畑中音楽事務所
寮を出て夜中に東京駅構内をウロウロしてると一見怖そうな顔した男性から呼び止められました。
色々訪ねられ経緯を話すと「私の事務所に来ないか」と言われてました。
「もしや、あちら系の人じゃないだろうなと?」
半信半疑でしたが渡された名刺に畑中音楽事務所と書いてあったので信用して男性について行きました。
事務所は日本橋の近くで人形町と茅場町の境目に在りました。木造2階建物の引戸玄関で築20年は経っていそうな古い建物でした。
中に入ると太った奥さんとバンドマンの先輩達が夕食をしてました。2階は先輩達の寝泊りになっています。
自宅兼事務所兼寮でした。社長も同じ九州の方で凄く優しい方でした。鶴田浩二と友人だそうです。
実家に「心配しないように、すぐ電話を掛けなさい」と。怒られ電話にも出て挨拶をして戴きました。

バンド・マン生活(当時、19歳)
この頃、歌謡界ではシンガー・ソング・ライター(自作曲で歌う)と言うフォ−ク・ソング・シンガーが現れ出てきました。
今では珍しくはないですが当時では彼らは画期的な存在でした。吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげる、岡林康信等々が大人気でした。
またこの頃はポップスではソウル・ミュージックが流行始めてました。スタイリックス、コモドアーズなどが人気でした。
これから私の5年間のバンド・マン生活の始まりです。当時、19歳の頃です

続きは暇な時に・・・:

(^_^;)
                                                                        
   
H25年(2013)9月28(土)厚木市 「パブ・カド」ライブ

模原市内店内 演歌の神野美伽さんと H13年

平成14年
鈴木史郎さんとサンエールのバンド控室

佐賀県白石市 藤井宅(同窓生友人) 09,11,02

 ヒート・ウェーブ 「博多の風ライブ」 100918
    
ブルーサウンズ 「厚木マルマ練習」 H18年
  
「ハックルベリー」セッション・ライブ  120421

 ヒート・ウェーブ 「河原口自冶会まつり」 101107
      
ヒート・ウエーブ 「サンエールさがみはら練習」 10,08,11

                                                                        

懐かしいバンド時代
  
気の合ったメンバーと1年と6か月間、有難う 24歳  ハスキな声で、本当に歌が上手かった。  八代亜紀から内藤やすこ、と幅広いジャンルをこなせました
   
左からRG,DR、VOとOR、BG  23歳    ちなみに、ベース(リーダー)とキーボードは夫婦です
    
  新宿区歌舞伎町にて  (バンド控室)  女性ボーカルの方は性格も明るく、良く気が付く彼女です  23歳 
  
ギャランティ時代  24歳
  
 新宿の不夜城ステージ華麗なるドラム   (ギャランティ時代) 24歳

コーラス・グループ(ギャランティ)1年籍を置いてました  レコード・レビュー用ポスター写真(浅草のベル堂)  23歳  

浅草 21歳の頃

浅草 友達の弟 21歳の頃

南千住 マンション屋上 21歳の頃
酔っ払い状態でのヒドイ演奏です          酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です         酔っ払い状態でのヒドイ演奏です 
                                                                        
アルバムから

自宅ベランダにて 仕事の合間にギター
45歳頃

自宅 お正月 38歳頃

自宅にて  ?歳

韓国慶州 34歳頃
  
韓国 民俗村 34歳頃

韓国 釜山公園 34歳頃

ソウル市  あるクラブ  34歳頃

韓国 ソウル市  34歳頃

九沢製作所 慰安旅行
グァム島 画像が曲がってます
25歳頃
 

つっぱっていた頃
(三重県の旅行先のある旅館)
18歳頃

静岡県 浜名湖(17歳頃)
決してゲゲゲの鬼太郎ではありません

豊橋市レコード店「すっとび青春」のサイン会
(吉沢京子)18歳頃

浜松市民会館 歌謡ショー(大ファンの藤圭子)18歳頃

佐賀県大鶴町
木のたらいの中 猫が友達
 ?歳

佐賀県鹿島市 北方保育園遠足 
(祐徳院遊園地) 6歳頃